派遣看護師に向いているのはどんなタイプ?

どんな人が向いている?

どんな人が向いている?

自分の都合に合わせて勤務コントロールができる派遣看護師ですが、向いているのは一体どんなタイプなのでしょうか。派遣看護師が向いている人の特徴を紹介します。

派遣は時間に縛られない

派遣は時間に縛られない

「子どもがいるため出勤日数が限定される」「転勤族のため辞める可能性がある」「副業として働きたい」「体調に不安がある」などのように残業や夜勤が難しい人もいるかと思います。その場合は日勤のみで働く、パートやアルバイトで働くといったこともできますが、特に雇用期間が決められていない場合は長期間の休みを取ることは難しいため、子どもの夏休みや冬休みなどの長期休暇や行事などに合わせて休むことはできません。ですが、派遣ならば「決められた期間」「決められた時間」のみ働けば良く時間に縛られることもないため、自分の都合に合わせてどうするか決めることができます。家庭の事情がある場合、大抵の人は休職という道を選んでしまいがちですが、それだとキャリアを積み重ねることができません。しかし派遣ならば単発とはいえ、なにかしらの仕事に就いているのでキャリアを途切れさせることもありません。

収入をダブルワークで増やしたい人

収入をダブルワークで増やしたい人

派遣の期間は「週4日」というものもあれば「1日だけ」と求人によって様々です。そのため、短い期間の単発の仕事は収入をアップさせたいとダブルワークを狙っている人に人気があります。単発の仕事は時給も1700円~2300円くらいと高めに設定されており、夜勤などのきつい仕事などは1回3万5千円と高額な価格が設定されているものもあるので高収入を狙いたい人におすすめです。また、単発の仕事は都合の良い時に働くことができるので、「旅行に行くから稼ぎたい」と期間限定で働きたい人におすすめです。さらに、価格が高めに設定されていることから「将来のために貯めておきたい」「自由になるお金がほしい」などを目的に働いている人もいます。

結婚や出産でブランクがある人

結婚や出産でブランクがある人

看護師は女性が多いため、結婚や出産で現場を離れているうちにブランクが5年、10年になってしまった、という人も少なくありませんが、ブランクがある場合どうしても気になるのが「きちんと復帰できるのか」ということです。医療業界は日進月歩の速いスピードで進んでいきます。そのため、「ブランクがあってもついていけるのか」「アクシデントに遭遇してもきちんと処置ができるのか」と心配になってしまう人もいることでしょう。看護協会でもブランクがある人に向けて潜在看護師研修というものを行っていますが、派遣看護師として実際に現場で働いた方が早く勘を取り戻すことができます。派遣会社ではブランクの年数に応じて適切な職場を紹介してくれるので、登録する時にはブランクを隠さずにきちんと伝えましょう。
また、派遣は残業してはならないと厳しく決められているため、無理に残業をお願いされることもなく決められた時間で帰ることができます。そのため、子どもが帰ってくるまでには家に帰りたいと思っているママさん看護師にもおすすめです。

派遣に興味のある常勤看護師は要チェック!

人材紹介会社を利用して探そう
人材紹介会社を利用して探そう

派遣看護師として働くのであれば、個人で探すよりも人材紹介会社を利用した方が効率よく探すことができます。なぜなら人材紹介会社では数多くの求人を保有しており、転職の成功に向けて様々なサポートを行ってくれるからです。サポートの中には履歴書の書き方指導や面接の対策も含まれているため、採用の確率をより高くすることができます。

まずはメリットを紹介!
まずはメリットを紹介!

派遣看護師は病院ではなく派遣会社と雇用を結んでいます。そのため、病院と自分の間には常に派遣会社が介入しているため、急な残業を頼まれても角を立てずに簡単に断ることができます。また、もしなにか不満があっても派遣会社に相談することができるため我慢して働き続けずとも解決することができ、直接話すわけではないため余計な摩擦を生むこともありません。

なぜ派遣看護師を選ぶのか?
なぜ派遣看護師を選ぶのか?

女性の多い看護業界において、変化するライフスタイルに合わせながら勤務コントロールができる派遣看護師は収入と雇用が不安定、というネガティブなイメージがある一方、「働き方を自由に選ぶことができる」「体力的・精神的負担が少ない」「プライベートを充実させることができる」といった点もあるため、近年注目を集めている働き方です。

注目の派遣看護師当サイト「看護師の働き方は選べる!」では多様化している看護師の働き方について紹介しています。その中でも、近年注目を集めている派遣看護師という働き方をより深く掘り下げていきます。なお当サイトに関するご質問やご意見はこちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。