派遣看護師のデメリットってなに?

デメリットもみてみよう

デメリットもみてみよう

勤務コントロールができ不満もため込まずにすむ派遣看護師ですが、もちろんデメリットもあります。派遣看護師として働く前にデメリットについてもよく理解しておきましょう。

「働くことができるのは最長でも3年」

「働くことができるのは最長でも3年」

派遣看護師は派遣法という法律の中で働いています。その中で「同じ職場で働く場合は最長でも3年まで」と決められています。しかし、必ずしも契約を更新して3年働くことができるかといえばそうではありません。実際はどんなに長くても1年程度であることが多いです。そのため、派遣された職場がどんなに働きやすくてお気に入りであっても紹介予定派遣として働いているのでなければそのまま働き続けることはできません。泣く泣く諦めるしかないのです。しかし、契約が終了したからといって仕事がまったくなくなるわけでもありません。派遣会社が次の職場を紹介してくれるため、転職活動に行き詰ってしまうことはほとんどないからです。派遣看護師は同じ職場で長く働きたい人には不向きですが、新しい職場で仕事を始めることにあまり抵抗がない適応力のある人に向いている働き方です。

「教育体制がない」

「教育体制がない」

仕事をスムーズに行うためにある程度必要なことは教えてもらうことができますが、派遣看護師は病院から即戦力として求められることが多いため、新人看護師のように入職後の教育体制がしっかりと整えられていなかったり研修が実施されていない場合も多いです。そのため、ある程度自信を持って仕事ができなければ続けていくことは難しくなるかもしれません。求人票の中には未経験可能と書かれているものもありますが、教育体制が整っていないことを踏まえてそこで即戦力として働くことができるかどうかをしっかり確認してからどうするか決めるようにしましょう。

「給料が上がらない」

「給料が上がらない」

常勤看護師の場合は勤続年数があがれば給料も自然と上がっていきますが、派遣看護師は期間が決められているためどんなに優秀であっても、勤務態度がまじめで評判が良くても給料があがることはほとんどありません。時給や日給自体が上がらない限り、横ばいのまま一定であることが多いです。これは年齢や経験も関係ないため、40代のベテラン看護師であっても20代の看護師であっても手にするのは同じような額の給料になる、ということです。
また、ボーナスや各種手当もほとんどありません。あっても寸志程度だとか…。そのため、同年代の常勤看護師と比べると見劣りするような額の給料になってしまいます。しかし派遣看護師の給料形態は常勤看護師と違って時給制や日給制を取り入れているため、設定されている金額は高めです。その結果、長く働く場合は雇用が安定せず多くの給料を手にすることもできませんが、働き始めは派遣看護師の方が高い給料を手にしているため短期で稼ぎたい人には向いている働き方です。

派遣に興味のある常勤看護師は要チェック!

人材紹介会社を利用して探そう
人材紹介会社を利用して探そう

派遣看護師として働くのであれば、個人で探すよりも人材紹介会社を利用した方が効率よく探すことができます。なぜなら人材紹介会社では数多くの求人を保有しており、転職の成功に向けて様々なサポートを行ってくれるからです。サポートの中には履歴書の書き方指導や面接の対策も含まれているため、採用の確率をより高くすることができます。

まずはメリットを紹介!
まずはメリットを紹介!

派遣看護師は病院ではなく派遣会社と雇用を結んでいます。そのため、病院と自分の間には常に派遣会社が介入しているため、急な残業を頼まれても角を立てずに簡単に断ることができます。また、もしなにか不満があっても派遣会社に相談することができるため我慢して働き続けずとも解決することができ、直接話すわけではないため余計な摩擦を生むこともありません。

なぜ派遣看護師を選ぶのか?
なぜ派遣看護師を選ぶのか?

女性の多い看護業界において、変化するライフスタイルに合わせながら勤務コントロールができる派遣看護師は収入と雇用が不安定、というネガティブなイメージがある一方、「働き方を自由に選ぶことができる」「体力的・精神的負担が少ない」「プライベートを充実させることができる」といった点もあるため、近年注目を集めている働き方です。

注目の派遣看護師当サイト「看護師の働き方は選べる!」では多様化している看護師の働き方について紹介しています。その中でも、近年注目を集めている派遣看護師という働き方をより深く掘り下げていきます。なお当サイトに関するご質問やご意見はこちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。