派遣看護師におすすめの勤務先を紹介!

おすすめの勤務先はココ!

おすすめの勤務先はココ!

派遣看護師におすすめの勤務先をいくつか紹介していきます。希望する条件は決まっているものの具体的にどこで働けばいいのか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

単発・中期なら「クリニック」

単発・中期なら「クリニック」

クリニックは通常の時と忙しい時の差が激しいため基本的に長期の派遣社員を雇用することはほとんどありません。忙しい時にだけ単発で募集していることが多いです。そのため、ライフスタイルに合わせながら単発や中期で働きたい人におすすめです。
クリニックの業務内容は採血や健診などが中心です。一般的な病院の外来などで働いているよりも採決をする機会が多いため、どちらかといえば「看護をする」のではなく「看護技術を磨きたい」人に向いています。また、健診を専門に取り扱っているクリニックも多いため、今後健診センターで働くことを視野に入れているのであればクリニックがおすすめです。なぜなら、人間ドックや健康診断を目的とした健診センターには病院と違って病気やケガと関係ない健康な人が訪れます。そのため、病院ほどプレッシャーを感じることもなく勤務時間も決まっているため人気が高くなっていますが、健診センターでは未経験者よりも経験者が優遇される傾向があるからです。健診センターへの採用をすんなりと決めるためにはクリニックでの就業経験は大きな布石となります。

中期や長期なら老人福祉施設

中期や長期なら老人福祉施設

老人福祉施設は介護職員は数多くいますが、看護師はそれほどでもありません。中には自分1人、というところもあるため、急変などがあった場合は1人で対処することになります。そのため、若く経験の少ない看護師よりも経験が豊富なベテランの看護師が優遇される傾向があります。
また、老人福祉士施設が病院と大きく違うのは「1人1人にネームプレートが付いていない」ということです。病院はネームプレートを見ながら医療行為を行うため医療ミスを防ぐことができますが、ネームプレートがない老人福祉施設では顔をしっかりと覚えてやり取りをしなければなりません。そのため顔と名前が一致しなければ誤認ミスも起こりやすくなってしまいますが、この傾向が多くみられるのが実は派遣看護師なのです。1日で顔を覚えるのは無理です。やはりそれなりの期間が必要となるため、老人福祉施設で派遣看護師として働くのであれば単発ではなく中期や長期で働くようにしましょう。老人福祉施設は急変になる回数も病院ほど多くないのでゆったりと落ち着いて看護を行うことができます。そのため、体力的に余裕はあるけど進化のスピードが速い現場についていくのが難しく感じる定年を迎えたベテラン看護師や、最前線で働くことに不安がある看護師などが向いています。

派遣に興味のある常勤看護師は要チェック!

人材紹介会社を利用して探そう
人材紹介会社を利用して探そう

派遣看護師として働くのであれば、個人で探すよりも人材紹介会社を利用した方が効率よく探すことができます。なぜなら人材紹介会社では数多くの求人を保有しており、転職の成功に向けて様々なサポートを行ってくれるからです。サポートの中には履歴書の書き方指導や面接の対策も含まれているため、採用の確率をより高くすることができます。

まずはメリットを紹介!
まずはメリットを紹介!

派遣看護師は病院ではなく派遣会社と雇用を結んでいます。そのため、病院と自分の間には常に派遣会社が介入しているため、急な残業を頼まれても角を立てずに簡単に断ることができます。また、もしなにか不満があっても派遣会社に相談することができるため我慢して働き続けずとも解決することができ、直接話すわけではないため余計な摩擦を生むこともありません。

なぜ派遣看護師を選ぶのか?
なぜ派遣看護師を選ぶのか?

女性の多い看護業界において、変化するライフスタイルに合わせながら勤務コントロールができる派遣看護師は収入と雇用が不安定、というネガティブなイメージがある一方、「働き方を自由に選ぶことができる」「体力的・精神的負担が少ない」「プライベートを充実させることができる」といった点もあるため、近年注目を集めている働き方です。

注目の派遣看護師当サイト「看護師の働き方は選べる!」では多様化している看護師の働き方について紹介しています。その中でも、近年注目を集めている派遣看護師という働き方をより深く掘り下げていきます。なお当サイトに関するご質問やご意見はこちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。